こったにあるちァ! 北上のえーもの!

[ 寄附金の使い道と実績 ]

エアコンのおかげで、熱中症の心配なく、
快適に園内でお昼寝できる園児たち。
ボランティア輸送が続けられることで、
自由に外出ができるようになった
お年寄りや小学生たち。
ほかにもたくさんの笑顔が北上市には増えました。
一部ですが、ご紹介します。
※写真下の金額は、平成27年度の各事業への寄附状況です。

展勝地公園など市民の憩いの場の整備に

1,777万円
「誰もが快適に暮らし続けられるまちづくり」を掲げ、快適な居住環境の形成に向けて、北上らしい景観を守り、創り、育てる取り組みを進めております。具体的には、市民が身近に自然とふれあえる憩いの場として安心して利用できる公園の整備・維持管理などに、寄附金を充てております。

小中学校などの安全な教育環境づくりに

7,905万円
人口減少が進行するなか、市民が安心して子どもを産み育てられるように、子育てや学校教育、家庭や地域の教育力向上のよりよい環境づくりを進めております。 具体的には、小学校体育館の照明機器や中学校プールろ過機の更新工事などに、寄附金を充てております。

企業の製品高付加価値化や新分野への進出支援など産業の基盤づくりに

4,310万円
地域の特色ある資源を生かした、産業おこしや地域ブランドなど新たな魅力創出を図るため、農商工バランスのとれた地域産業活性化と地域経済の発展を目指します。 具体的には、地域中小製造業の製品開発や技術の高度化を大学等研究機関と共同で取り組む研究費、ふるさと納税特典の魅力を高め、効果的な事業運営を行うために寄附金を充てております。

北上川の悠久な流れなど心に残る原風景を守り育てる景観づくりに

5,743万円
北上の緑あふれる豊かな自然を市民一人ひとりが愛着と誇りを持って次世代に引き継いでいくため、みんなで守り、育てる取り組みを行っております。 具体的には、景観形成に対する理解や意識を高めるための景観学習や「きたかみ景観資産」の認定のほか、景観構築と緑化推進意識を高めるための講座開催などに、寄附金を充てております。

子育て世代や高齢者にやさしい環境づくりに

10,781万円
「子育てと医療・福祉の充実した明るく健やかなまちづくり」を掲げ、全世代と家庭の支援の充実を図り、共に支えあう地域づくりを目指しております。具体的には、保育園の設備の拡充や子どもの医療費のほか、在宅ひとり暮らし高齢者の安全確保と不安解消のため「福祉ふれあいホットライン」の導入などに、寄附金を充てております。

鬼剣舞など民俗芸能の保存活動に

931万円
「生きる力を育み、文化が躍動するまちづくり」を掲げ、情操豊かな芸術文化のかおり高いまちづくりを目指しております。そのため、芸術活動の発表や鑑賞機会の環境整備を図るとともに、市の歴史や文化を理解する上で大切な文化財を守り、次世代に継承していきます。 具体的には、毎年夏に開催される「みちのく芸能まつり」や各芸能公演等の支援のほか、後継者育成活動の補助金などに、寄附金を充てております。

ふるさとの自然環境の保全や地域づくりに

6,288万円
「市民が主役となり企業や行政と協働するまちづくり」を掲げ、市内16地区の自治組織が地域住民とともに主体的な地域づくりを目指します。具体的には、各地区が地域の特色を生かした地域形成を実現するための費用に充て、地域の枠を超えて市のまちづくりへと繋げていきます。また、地域資源の有効活用を図りながら、地域間の交流・連携を促進し、地域の豊かな自然環境に配慮するエコな取り組みにも活用させていただきます。

市長におまかせ

19,313万円
「市民、市民団体、地域コミュニティ、企業、行政」それぞれが主体となり、連携したまちづくりに取り組んでおります。 平成24年12月には市民の幅広い参画のもと「まちづくり協働推進条例」を改正し、さらなる協働のまちづくりを進めております。具体的には、協働を目的とした「市民と行政のパートナーシップ推進事業」という協働推進のための取り組みに充てさせていただきます。