陶器製スピーカー
特典番号 : d0146

陶器製スピーカー

15000 円 以上の寄付でもらえる


  • 常温

「浮牛フォン」にスマートフォンのスピーカー部を本体に差し込むと音が増幅され、一点こと手作りのため微妙におおきさや形が異なるため、陶器の仕上がり具合によって軟らかい音を発したり、きれいな高温が響いたりと音質の変化が楽しめます。


伊達藩最北の地北上市の口内町から地元の土にこだわって焼き上げたスマートフォン用の陶器製スピーカー浮牛(ふぎゅう)フォンが話題になっています。

口内町は伊達藩最北の要害といわれ、
安部貞任が築城し、牛三頭を生き埋めにして地鎮したことが「浮牛城」の名前の由来となっており、
元禄八年伊達藩家臣の中島監物利成公が城主となり、明治維新まで南部藩境を警備したと伝わっており、
現在は北上景観資産となっています。

そんな町口内は世帯数574世帯・人口1,539人の小さな地域の土を使ったスマートフォン用陶器製スピーカー「浮牛フォン」が生まれました。

容量:陶器製スピーカー1個 縦約12.5cm×横約13.5cm×幅約10.0cm、差込口約2cm×10cm ※1つ1つ手作りの為、色や形に若干の違いがある場合がございますのでご了承ください ※スマートフォンの大きさにより対応できないものがあります
事業者:直売センター北上協同組合 あぐり夢くちない
申込み時期

「きふと、」思いやり型返礼品プロジェクト
「きふと、」思いやり型返礼品プロジェクト